かぼたりあんの足跡

自由に。気ままに。

【インプレ・レビュー】ソリンコ ツアーバイトソフト


スポンサーリンク

f:id:kabotarian:20211027165809j:plain

こんにちは!かぼたりあんです。

今回はソリンコのツアーバイトソフトを紹介していきます。

元となるツアーバイトは高性能で人気のガットですが、硬い打感が苦手な方にとっては扱いにくいと感じることが多いようです。そのツアーバイトを少しソフトにしたとのことですが、実際の使用感を見ていきたいと思います。

 

アーバイトソフト インプレ

 

スペック等

メーカー ソリンコ(SOLINCO)
製品名 アーバイトソフト
(TOUR BITE SOFT)
素材 ポリエステル
断面形状 5角形
構造 モノフィラメント
太さ 1.15/1.20/1.25/1.30mm
シルバー

インプレ内容 

セッティング

ゲージ 1.25mm
ラケット バボラ ピュアストライク16/19
(2017年バージョン)
テンション 40ポンド(プレストレッチ10%)
張り方 1本張

反発性能

反発力はツアーバイト同様に控えめ。打感は名前に「ソフト」と付いているだけあって、多少柔らかさを感じるようになっていますが、それでも他の「ソフト」を売り文句にしているポリガットと比較すると硬めな印象です。少しソフト感が出た分、インパクト時に少し重みも感じますが、ツアーバイトシリーズを使おうとするレベルのプレイヤーであれば問題ない程度かと思いますし、逆にその少しの重みによって、安心して振り切ってコントロールしていける感覚を生み出します。

スピン性能

スピン性能は高めです。ツアーバイトと比べ、ほんの少しラケット面との接触時間が長く感じるため、特に厚めに当てた時にスピン量のコントロールがしやすい印象です。一瞬でもラケット面で自分のボールにできるため、だいたいの方はツアーバイトソフトの方が扱いやすく感じると思います。ただし、本当にパワーのある方であれば、ツアーバイトの方がスピン量は上で、バウンド後の威力も上でしょう。

テンション維持性能

テンション維持性能は標準です。ポリガットとして当然の伸びは出てきますので、張りたての感覚が好みの方はロールを準備し、自身の感覚が悪くなったらすぐに張り替えられるようにしておくと良いでしょう。ただ、伸びや緩みは感じるものの、大きく性能が変化して使い物にならなくなるということはないです。このガットは多少緩んだ後の打感の方が好みな方も一定いると思います。

類似・競合製品との比較

アーバイト

アーバイトシリーズの基本モデル。飛びは控えめで高いスピン性能を有しており、硬めの打感が特徴です。スイングスピードの速いプレイヤーがボールを潰すように打っていけば、硬さの中にもホールド感が出てきて、ストロークに安心感が得られます。高スピンボールを相手コートにねじ込むようなプレーにおすすめです。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

アーバイトダイヤモンドラフ

アーバイトシリーズのラフ加工版です。ラフ加工によってスピン量が増すのかと想像しましたが、増したのはソフト感。ツアーバイトソフトよりもソフトに感じます。性能は気に入っているけど、ツアーバイトソフトでもまだ硬いと感じる方は、一度検討していただくと良いでしょう。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

アルパワー

ルキシロンを代表する、言わずと知れた超有名ポリガット。発売から年月が経過しているものの、いまだにプロ使用率は驚異的。グシャっとしたホールド感のある打感と反発力が特徴のガットで、スピン量も十分です。スイングスピードが速い方が性能を発揮できますが、ある程度遅くても十分使用できるという点でツアーバイトソフトよりも扱いやすさもあります。ただし、テンション維持性能は低めなので、使用期限が短い点がネック。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

まとめ

おすすめできる方

・ツアーバイトにソフト感をプラスしたい方

・スイングスピードがある方

・スピン性能を求める方

おすすめできない方

・ガットに飛びを求める方

・柔らかい打感が好みな方(「ソフト」といってもすごくソフトではない)

 

アーバイトの性能は気に入っているけど、少し硬過ぎて扱いにくい、と感じている方にはフィットする可能性が高いガットです。ただ、ソフトといってもまだ十分な硬さもあるため、スイングスピードが速めで上級者向けのガットであることは間違いありません。ツアーバイト同様、使いこなせれば威力も抜群ですし、振っても振ってもオーバーが少ない安心感もあるので、ご興味のある方は一度チェックしてみてください。