かぼたりあんの足跡

自由に。気ままに。

【インプレ・レビュー】ルキシロン アルパワーラフ


スポンサーリンク

f:id:kabotarian:20211113134927j:plain

こんにちは!かぼたりあんです。

今回はルキシロンのアルパワーラフを紹介していきます。

発売以来、大ベストセラーとなっているアルパワーのラフ加工バージョン。あのロジャー・フェデラーも長年愛用していることで有名なガットです。

 

アルパワーラフ インプレ

 

スペック等

メーカー ルキシロン(LUXILON)
製品名 アルパワーラフ
(ALU POWER ROUGH)
素材 ポリエステル
形状 ラフ加工
構造 モノフィラメント
太さ 1.25/1.30mm
シルバー
使用プロ
(過去含)

R.フェデラー、K.アンダーソン、P.カレーニョ・ブスタ、A.デミノー、D.コリンズ、A.ペトコビッチ など

インプレ内容 

セッティング

ゲージ 1.25mm
ラケット バボラ ピュアストライク16/19
(2017年バージョン)
テンション 40ポンド(プレストレッチ10%)
張り方 1本張

反発性能

反発力はやや高めです。アルパワーと比べるとほんの少し控えめになりますが、十分な反発力があります。打感はアルパワーと比べるとよりホールド感があり、ボールとの接触時間が少し長く感じる分、よりボールを押せる感覚があります(実際にはめちゃくちゃわずかな時間の差だとは思いますが・・・)。この感覚のおかげで、フラットドライブ系ショットをライジング気味に打っていく際には、ボールが暴れず安定し、非常に打ちやすいため、テンポの良いテニスが展開しやすくなるでしょう。

スピン性能

スピン性能は標準~やや高めです。アルパワーと比べると、ややスピン性能は上ですが、アルパワーラフもグリグリスピン系ではありません。やはりフラットドライブ系ショットとの相性が良いので、どんどん前へ前へスイングしていくと威力が出て良いでしょう。その際、ラフ加工によってスピンをちょい足ししてくれる印象です。

テンション維持性能

テンション維持性能は低めです。アルパワー同様、テンションの緩みが目立ちます。他のガットでも同じくらい緩んでいるのかもしれませんが、アルパワーシリーズはなぜか緩みを感じ取りやすい傾向にあるようです。また、アルパワーラフはもともとアルパワーよりもホールド感が強めなため、緩むとインパクトが少し重く感じやすいです。緩んでからもある程度の威力は出るため、打感の変化さえ気にならなければ大きな問題にはならないでしょう。

類似・競合製品との比較

アルパワー

ポリガット界の超ベストセラーであり、アルパワーシリーズの基本ガット。アルパワーラフよりも反発力があり、打感がもう少しはっきりしています。プロ使用率が非常に高く、このガット抜きにポリガットは語れません。アルパワーラフ同様にテンション維持性能がいまいちな点が残念ですが、一度は試すべきガットです。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

RPMラフ(旧:RPMブラストラフ)

バボラで人気のRPMブラストのラフ加工バージョン。アルパワーラフ同様、ラフ加工されることで打感がマイルドになり、ホールド感が出ている印象。やや反発力高めのアルパワーラフと比較すると、反発力は控えめなので、よりラケットをしっかり振っていけるハードヒッター向けです。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

まとめ

おすすめできる方

・ホールド感を求める方

・ラフ加工ガットにも反発力を求める方

・フラットドライブ系ショットをメインとする方

おすすめできない方

・テンション維持性能を求める方

コスパを求める方

 

アルパワーシリーズで、アルパワーに次いで人気のアルパワーラフ。私はロジャー・フェデラーの大ファンですので、憧れてしばらく使用しておりました。コスパがいまいちなために現在は別のガットを使用しておりますが、コスパを度外視できるのであれば、かなりおすすめできるガットです。ご興味のある方は、ぜひ一度試していただければと思います。