かぼたりあんの足跡

自由に。気ままに。

【インプレ・レビュー】ルキシロン アルパワー


スポンサーリンク

f:id:kabotarian:20211113115949j:plain

こんにちは!かぼたりあんです。

今回はルキシロンのアルパワーを紹介していきます。

ポリガットの先駆け的な存在であり、多種多様なポリガットが発売されている現在でも圧倒的なプロ使用率を誇っている超有名&超人気ガットです。ポリガットを語るなら絶対外せないアルパワーについて見ていきたいと思います。

 

アルパワー インプレ

 

スペック等

メーカー ルキシロン(LUXILON)
製品名 アルパワー
(ALU POWER)
素材 ポリエステル
断面形状 円形
構造 モノフィラメント
太さ

1.15/1.20/1.25/1.28/1.30/1.38mm

(限定ゲージも含む)

シルバー、アイスブルー、レッド、ライム、グリーン、ブルー、ブラック

(限定カラーも含む)

使用プロ
(過去含)

N.ジョコビッチ、A.マレー、M.チリッチ、D.ゴファン、K.カチャノフ、F.ロペス、G.クエルテン、P.クビトバ、M.キーズ、O.ジャバー、E.ラドゥカヌ など多数

インプレ内容 

セッティング

ゲージ 1.25mm
ラケット バボラ ピュアストライク16/19
(2017年バージョン)
テンション 40ポンド(プレストレッチ10%)
張り方 1本張

反発性能

反発力はやや高め~高めです。パワーの出やすいガットですが、自身の感覚の邪魔にはならない反発力で扱いやすいです。インパクト時にはボールだけでなく、一緒にガットも潰れているような独特なホールド感があります。このホールド感がホールドし過ぎない程度の絶妙なバランスであり、インパクトで一度自分のボールにする感覚を得ながらも、パワーロスの少ない力強いボールを実現します。ハイバランスな性能による安心感からコントロールも高まるため、積極的なプレーを展開しやすいでしょう。

スピン性能

スピン性能は標準です。ホールド感を利用して十分なスピンをかけることはできますが、他のスピン系ガットほどグリグリのスピンにはなりません。むしろこのガットの性能が活きるのは、フラットドライブ気味に前へ前へスイングした時です。スピン量を自然にかかる分に抑え、ガットのパワーを活かした伸びのある攻撃的なショットを打っていくことがおすすめです。

テンション維持性能

テンション維持性能は低めです。早い段階で明らかなテンションの低下を感じられ、打感に頼りなさが出てきます。張りたての時の柔らかさの中にもしっかりとした芯のある打感を得続けるには、早いタイミングで張り替えるしかないですが、このガットは価格設定がお高めであるということがネックとなります。コスパを求める方には、選択肢に入りにくいガットです。しかし、打感が変化した後もパワーはまだまだ出る印象ですので、打感の好みによっては緩んだ後の方が使いやすいという方もいるかと思います。その場合は多少コスパも改善するため、一度使用してみて検討する必要があります。

類似・競合製品との比較

ポリツアーストライク

アルパワーと色も似ていますが、性能も似ているポリツアーストライク。アルパワーよりは少し控えめな反発力ですが、その分コントロールはしやすいです。打感も振っていけば程よく柔らかく、厳し過ぎる印象はありません。アルパワーよりも明らかに優れている点はテンション維持性能。一本当たりの価格がアルパワーより安い点も魅力です。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

アーバイト

ソリンコから出ている断面形状が5角形のポリガット。反発力は控えめで打感も硬めなので、アルパワーよりもハードヒッター向け。よって非力な方にはおすすめできませんが、しっかりとボールを潰していけるプレイヤーであれば、スピンの効いた威力のあるボールが飛びますしコートに収まる安心感も高いため、試してみる価値のあるガットです。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

まとめ

おすすめできる方

・パワーロス感が少ない打感を求める方

・ホールド感を求める方

・フラットドライブ系ショットをメインとする方

おすすめできない方

・テンション維持性能を重視する方

コスパを重視する方

 

各メーカーから数多くの高性能ポリガットが出てきている状況ですが、トッププロを中心にまだまだ愛用者が多いアルパワー。それだけ性能に間違いがないということでしょう。テンション維持性能やコスパの点で気になるところはありますが、ポリガットを検討しているなら一度は試してみるべきガットです。ご興味のある方、まだ使ったことのない方はぜひご検討ください。