かぼたりあんの足跡

自由に。気ままに。

【インプレ・レビュー】ソリンコ ツアーバイトダイヤモンドラフ


スポンサーリンク

f:id:kabotarian:20211103124059j:plain

こんにちは!かぼたりあんです。

今回はソリンコのツアーバイトダイヤモンドラフを紹介していきます。

反発力控えめで打感が硬く、上級者向けの印象のツアーバイトをラフ加工することでどのようなガットになるのか見ていきましょう。

 

アーバイトダイヤモンドラフ インプレ

 

スペック等

メーカー ソリンコ(SOLINCO)
製品名 アーバイトダイヤモンドラフ
(TOUR BITE DIAMOND ROUGH)
素材 ポリエステル
形状 ラフ加工
構造 モノフィラメント
太さ 1.20/1.25/1.30mm
シルバー

インプレ内容 

セッティング

ゲージ 1.25mm
ラケット バボラ ピュアストライク16/19
(2017年バージョン)
テンション 40ポンド(プレストレッチ10%)
張り方 1本張

反発性能

反発力は標準レベル。ツアーバイトと比べるとはるかに飛びますが、ポリ全体としては高反発とまではいかないでしょう。打感についてはツアーバイトソフトよりもさらに柔らかく感じるため、遅いスイングの方でも比較的扱いやすく感じますが、合わせるだけだと少々抜けてしまう時があり、たまにコントロール面で苦労することがありました。しっかりスイングしていける方の場合、ボールを潰しながらコントロールしやすく問題ありませんので、やはりどちらかと言えば自分からスイングしていける方向けでしょう。ただし、最高火力はツアーバイトの方がやや高いため、スイングスピードがあり、威力重視の方はツアーバイトの方が好みかもしれません。

スピン性能

スピン性能はやや高めです。角が立ったガットではないためか、ツアーバイトと比べるとスピン量はやや劣ります。それでも十分なスピン量は出るので、不満に感じることはないでしょう。ツアーバイトはスピン主体でプレーする方向けな印象でしたが、このガットはスピンもフラットもどちらもそこそこに打てるので、オールラウンドなプレーに向くでしょう。

テンション維持性能

テンション維持性能は標準です。伸びや緩みが出ると抜ける感覚が増してくるので、パフォーマンスをキープしたいなら、感覚の変化を感じたら張り替えた方が無難です。ロールで考えればコスパも良い点がうれしいところです。

類似・競合製品との比較

アーバイト

アーバイトシリーズの基本モデル。飛びは控えめで高いスピン性能を有しており、硬めの打感が特徴です。スイングスピードの速いプレイヤーがボールを潰すように打っていけば、硬さの中にもホールド感が出てきて、ストロークに安心感が得られます。高スピンボールを相手コートにねじ込むようなプレーにおすすめです。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

アーバイトソフト

「ソフト」と名前に入ってますが、ダイヤモンドラフの方が打感は柔らかいです。柔らかさは、ダイヤモンドラフ>ソフト>ノーマルですが、スピン量はノーマル≧ソフト>ダイヤモンドラフといった印象。ツアーバイトシリーズの中では、個人的には一番プレーしやすいガットです。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

アルパワーラフ

ルキシロンを代表する超有名ポリガットであるアルパワーのラフ加工バージョン。フェデラーがハイブリッドで使用しているガットです。ツアーバイトシリーズにおいて、ラフ加工したダイヤモンドラフにホールド感が出たのと同様に、アルパワーよりもアルパワーラフの方がホールド感があります。ダイヤモンドラフと比較すると、よりパワーと威力がありますが、テンション維持性能は低めです。

詳細なインプレはこちら→

kabotarian.hatenablog.com

まとめ

おすすめできる方

・ツアーバイトソフトよりもさらに柔らかい打感を好む方

・スピン性能を求める方

・ツアーバイトに扱いやすさを求める方

おすすめできない方

・スイングスピードが遅めな方

・威力を重視する方

 

アーバイトシリーズの中では一番打感が柔らかく、扱いやすさを感じるダイヤモンドラフ。ただし、威力やスピン量は、ツアーバイトやツアーバイトソフトと比べて若干ながら劣ります。良く言えばオールラウンドな印象ですので、ツアーバイトはしんどいという方にはマッチするかもしれません。ご興味があれば一度チェックしてみてください。